ペイオフとは

1000万円もの預金を持っていないから関係ない?

万が一、自分が預けている金融機関が破綻したといっても、1000万円なんて預金はないから、慌てることはない、全額払い戻されるのだから関係ない、なんて、言ってはいられないのですよ!そもそも普通は一旦預金はロックされてしまいます。破綻後の手続きや処理に数日を要することもあり、お金をおろしたり、引き落としができなくなったりする可能性があります。

銀行の破たんが広告されると、預金保険機構から支払いなどに関する書簡が届きます。そこで保険金の受取方法などを選択します。受け取り手続きや期間も書かれていますが、放っておくとペイオフとしての扱いではなく、銀行の破産に伴う裁判所の清算業務の一部としての取り扱われてしまい、せっかくの保護の対象とは認められずに損することだってあるのです。

また保険金の支払いまでに時間がかかるときは、普通預金のうち仮払金として60万円までを先に支払ってもらうことが出来ます。さらに銀行に仮入れ金がある場合、そのローンと預金の相殺をすることもできます。ペイオフとして1000万円と利息の支払いの他、こうした様々な対応策も用意されているのです。これらはすべて、自己申告です。そしてその申告手続きには期限があります。預金者は被害者なのだから何も言わなくても預金保険機構側がすべてやってくれるだろう、というわけではないのです。

もちろん銀行が破綻しそうだからって、慌てる必要はありません。定期預金など、満期以前にこちらの都合で解約したら、損することもあるでしょう。破綻と言う事態に驚き焦っていながら、申告などの手続きをしなければならないというのは、結構大変なことです。そんな時、どのような対応がされるのかの知識を持っているのと、予測もできていないのとでは、大変な違いです。心理的にも余裕をもって対処できるでしょう。今は、預金することも銀行を選ぶことも自己責任の時代です。