ペイオフとは

大富豪はどうやって預金を守るのか

ペイオフとは金融機関が破綻した時に、預金保険法で、ひとり1金融機関につき1000万円とその利息を保護するというもの。1000万円以上の預金がある場合、ペイオフで保護される対象以外の部分については、その銀行の資産状況でどの程度戻ってくるかわかりません。そこでペイオフ対策として、お金持ちは、預入先を一つに決めず、複数の銀行に分散して1000万円づつ預けるなどの対策を考えるのですが、億もの預金額がある場合など、預金先が10以上にもなり、その中には資本力や経営力の弱い、倒産の危険のある銀行なども有るかもしれません。

お金持ちと言えども、預ける金融機関の選択には慎重を期さなければなりません。金融機関の情報をしっかり把握しておく必要があります。例えば大手金融機関が破綻するということは、中小企業の経営などへの影響と同時に、国としての国際的な信用にもかかわります。そのために国は経営力の弱い金融機関はつぶしても、メガバンクなどは公的資本を投入してでも再生させる方向へもっていく、という話もあります。メガバンクの信用度はやはり大きいですからね。

また保護の対象になる1000万円で定期預金を作り、残りはペイオフとは関係のなく全額保護される決済用預金(当座預金や無利息性の普通預金)に預ける、という方法をいくつかの大手銀行で行うなどという方法もあるようです。決済用預金とは、「無利息でいつでも払い戻すことができ、決済サービスを提供できる」という3条件を満たす預金で、無利息の預金ですが、平成17年に全額を保護されるようになりました。※ 決済用預金について

その他、億のお金を持つ富豪であればあるほど、金利の低い銀行の預金だけ、というのはあまりないようですね。外貨建て中心の資産運用を考えたり、不動産や株での運用、美術品を買っている、なんていう人もいるようですよ。