お客様目線を大切に営業活動する沖縄銀行

沖縄銀行で利用できる外貨預金

沖縄銀行では外国通貨で預金して、外国通貨で利息を受け取ることで資産運用する、外貨預金をご利用いただくことができます。外貨預金は為替レートの影響を受けるため、受取り時に 元金お預け時よりも円安になっていれば差益、円高になっていれば差損となります。

沖縄銀行の外貨預金は、米ドル・ユーロ・豪ドルからお選びいただけます。沖縄銀行で取り扱う外貨預金には、「外貨普通預金」「外貨通知預金」「自動継続外貨定期預金」があります。

「外貨普通預金」は米ドル・ユーロ・豪ドルによりご利用できる外貨預金で、預入れ期間に定めはなく、いつでも自由にお預入れ・払戻しを行うことが出来ます。最低お預け入れ額は1通貨単位からで、適用利率は変動金利型です。

「外貨通知預金」は米ドルのみのお取り扱いで、7日間の据置期間経過後はいつでも解約することが出来る通知預金で、お預入れ・払戻し時に適用する為替相場が優遇される特徴があります。

最低お預入れ額は100通貨単位からとなっており、お預入れ日から1年間は固定金利、1年経過後からは変動金利の適用となります。

「自動継続外貨定期預金」は米ドル・ユーロ・豪ドルによりご利用できる外貨定期預金で、お預け入れ期間は1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・1年よりお選びいただけます。

お預入れ金額・期間に応じた金利の適用、満期日には自動継続、お預入れ時・払戻し時に摘要の為替相場優遇などが特徴となっています。お預入れ金額は100通貨単位からで、適用利率は固定金利型です。

外貨預金は円預金と違いリスクがあることを知っておきましょう。まずは、外貨預金は預金保険の対象ではありませんので、金融機関に万一の事態が発生した場合には、元金は保証されません。

また、外貨預金には為替相場の変動による為替リスク(為替差益・差損)、外国通貨から日本円に返還する場合(その逆も)に一定の為替手数料が発生します。これらの影響により、満期や解約により払い戻す時に元金に「増える」「減る」などのリスクがあることを知っておきましょう。